資本政策

資本政策

当たり前のことですが、株式を「誰が」保有するかによって、その会社、そしてその事業の実質的な支配の構図が決まります。
事業を成長させる為に、或は事業の存続を図る為に、「誰が」、「どの程度」、その会社の株式を所有することが望ましいのでしょうか?
上場企業であれ、非上場企業であれ、そういった意味では、資本政策の創り込みこそが、会社の安定、および成長の生命線であるといえます。
私共キャピタルデザインは、長期的な事業の存続、成長という視点で、また、株主と経営が同じ方向性を共有できる資本政策を発案し、会社に携わる様々なステークホルダーの満足度向上に資するべく、必要なご提案をさせて頂きます。

資本政策

ステークホルダー・バランスに優れた資本構成の構築

サービス内容

・ 外部資本導入による、経営のてこ入れ
・ 事業承継時のプラン作成および資金手当て策導入を含めた将来設計
・ M&Aによる事業拡大または事業売却の代理交渉